OH! 夫婦愛!

今日は父のお見舞へ病院へ。順調に回復しているようす。
「どう?」と聞くと「いたい」と返事。
どう?ときいておいてなんですが、「しゃーないなー」と一刀両断。
以前書いた『取り出した腫瘍の写真』は見れずじまいでした。チッ・・・

母は足が悪いにも関わらず毎日9時から病院へ・・・。
毎日行かなくてもいいんでないかい? と思うのですが
行かないと父が母に「なんでけーへんねん!」というのだそう。
早く帰ろうとすると「なんで帰るねん!」
検査のため動くときも看護士さんがついてくれているのに
見送ろうとすると「お前はけーへんのか!」と・・・。

今日も検査がありまして看護士さんには「ついてこなくていいですよ」
と言われて座っていたら「お前はいけへんのか!」と母へ一言・・・。
誰の検査よ。まったく・・・。
ワタシが病室へ入っても父はイヤホン付きでテレビを鑑賞。
母はテレビを見るわけでもなく宙を眺めて座っているだけ・・・。
それなのに毎日病院に通っている母・・・。
父は母の気配がしないと落ち着かないようです。
なんやかんやと言われながら父のそばにいてる母。
たまにワタシが行ったときは母としゃべり倒して帰ります。
今日もチビ達のことや兄嫁のこと、入院費のことなどしゃべり倒してきました。
そして返りには「食べられへんから・・・」とカステラやらいろいろ土産に
持たされまして、お見舞なのかなんなのか・・・。


その母との話の中でなぜか給食費踏み倒す親の話に・・・。
テレビで給食費を払っていない母親が
「給食費? なぜ払わないといけないんですか?」
と『えっへん!』と言わんばかりの勢いで答えていたのを話しました。

「あんたらのときも引き落としやったけど給食費払ってたん知ってた?」
知ってたような知らんかったような・・・。
そんなこんなで『給食費を払っていたかどうかよく分かっていなかった年代が
大人になって払う側になったときに
「給食費? なんで払わなアカンの? 義務教育なんやから市か区が払え」
とかいう親が増えている』という結論が母の中で出たようで、
「ということは母さん達の年代の責任か!! ズバットのみのさんにゆわな!」
となぜかいきまいておりました。ちょっと・・・なにする気?

ちょうどウチへ帰ってテレビをぽちっと・・・
ぷいぷいで石田さんが暴行事件を起こす年代をやっておられました。
30代50代60代が多いそうです。
あ〜うっとこ親子の年代ドンピシャ・・・。
問題児世代ってとこか・・・。
[PR]

by nonkitanpopo | 2007-01-11 17:09 | その日のこと  

<< やばかった〜 難解な旦那語録 >>