質感としては伝わる。

チビ達の通う保育園でしか
聞かないであろう用語があります。

砂遊びの用語なのですが

ネロ・フワ・パタパタ

というモノです。

ネロとは・・・
→→→さら砂に少し水を入れた泥。水とき片栗粉の感じです。

フワとは・・・
→→→硬い地面を削ったときにできる土。確かに触るとフワフワです。

パタパタとは・・・
→→→さら砂作りようのベニヤ板です。

2号を迎えにいくと

「ネロいる人〜!」

と叫んでいます。

さら砂もこのパタパタと使って作ります。
ざるのようなモノを使っているのを見たことがありません。

砂を板の上にのせておいて
シーソーの様な動きで
前後にパタパタパタパタパタ・・・・と激しく動かすのです。

2歳頃からパタパタを使い初めて
5歳ぐらいになるともうパタパタプロ・・・パタプロです。

お迎えの時間には
園庭のあちこちで
パタパタを使ってパタパタする姿が見られます。




なんとかビリーとキャンプを頑張っているワタシですが
お腹は相変わらず・・・

そんなワタシのお腹を触りながら
2号が一言。

「のんきちゃんのお腹は
 ネロやね」



・・・・・・・・・・・・・

ワタシのお腹の
てろーんとした質感から
そう表現してみたようです。

腹がネロ

ちょっと悲しい響きです。
[PR]

by nonkitanpopo | 2007-06-15 22:28 | 子ども達  

<< 隠れ家ってわけではない。 またそんな無理を言う・・・。 >>