隠れ家ってわけではない。

今日は父のお見舞で天王寺へ行ってまいりました。

現在、以前とと同じ所へ入院中ですが
前の入院とはまた別で、
そんなせっぱ詰まった状態ではありません。

前から糖尿病の気配はしていたのですが
膵臓を取ったことでさらに進行したらしく
カロリー計算やインシュリン注射などの研修のための入院・・・
指導入院だそうです。


旦那もワタシも天王寺はあまりよく分からないということで
難波まで出ることになりました。

とりあえず道頓堀のびっく○ドンキーでご飯を食べたあとは
いつも旦那がお世話になっているバーへ挨拶へ行きました。
ワタシも何度かお店に顔を出していますので
久しぶりに行きたかったというのもありましたし・・・。

それがコチラ。BAR 上海。
完全に入口が埋もれております。
a0085647_22113129.gif

入口がとてもわかりにくく
上の階へいく階段か路地だと思って入ってくる人多数・・・。
横にでかでかと『入口』と書いてあるのですが
遅い時間帯はみな酔っぱらっております。
それにお隣のお店の方が
ちょうど上海入口前でだべったりしてます。

入っていくとそこにはのんだくれの巣窟です。
のんだくれだらけでちょっとびくっとなるんですが
お客も皆、とても気さくなお方が集まってます。
椅子などありませんので『疲れた方は床へどうぞ』でございます。

時間が早かったのでお客さんは誰もおらず
のんき一家はのんびりすごさせていただきました。

a0085647_22134511.gif


迎えてくれたのはマスターのいたるさん。
とてもやさしくておもしろくていいお方・・・。
もうひとり、共同経営のマスターHさんがおられますが
彼は遅番だったので今日は会えませんでした。

ワタクシ、このマスターHさんとちゅーしたことあります。
それも旦那に命じられて・・・。


だれもいなかったせいか、
いつもはほんとに狭〜く感じられていましたが
今日はとても広く感じられました。
遅くにいくと床で人が寝ていたりしているもので・・・。

チビ達もやたらとハイテンションで大騒ぎしておりました。




久しぶりの人混みの中、
ワタシが人酔いしてしまい、たいそう疲れました。

ものすごく派手派手なおねえさん達・・・
頭が倍ほどにふくらんだ髪型の色黒お兄さん達・・・
個性を出しているようで皆同じに見える・・・。
お兄さんのズボンを上へ引き上げたい衝動を抑えながら
家路へつきました。

大阪へお越しの方、
もしくは大阪在住のかたで
上海を探してみようと言う方、
頑張ってみつけてください。
不二家の所を北正面に右へまがってちょっとです。



うちの旦那が床で寝ているので
蹴っておいてください。

あっそれと、旦那はご丁寧に
床に眼鏡を置いて万全の態勢で寝ているので
眼鏡だけは踏まないよう気をつけてください。
旦那は踏んでいいから・・・。
[PR]

by nonkitanpopo | 2007-06-16 22:54 | その日のこと  

<< 無理ちゅー 質感としては伝わる。 >>