雰囲気で理解。

今日は、、、(も?)
ものすごく腹ぺこで、
腹ぺこ過ぎて晩ご飯のおかずの献立が全く決まりませんでした。

2号にナニを食べたいのか聞いたところ、


「お弁当やさんのチャーハン!」


なんていい子なんでしょう・・・


1号とワタシは適当に、そして2号のチャーハンを買いにほか弁へ。


問題は旦那の分か・・・


もうこの際ついでなので、お弁当にすることにしましたよ。

ご飯は残りご飯があるのでおかずのみ。

早速店員さんへ注文を告げました。

「チャーハンと、、、生姜焼きのおかずだけ。」

するとですね、
店員の兄さんが何やらメニューを指差していろいろとしゃべってくる訳ですよ。

内容はですね、、、










全く聞き取れません




ほんとに、呪文でも唱えられているかのようでした。
特にものすごい早口でもないし、
ものすごい小さい声でもない。
なのに、今思い出してもナニを言っていたのかさっぱりなのです。

兄さんが指差すメニューを見ながらほうけておりますと、
ワタシが全く理解していないのを察してくれたようで、
もう一度呪文を唱え始めました。

今度は注意してよく聞いてみると、


チャーハンと弁当のおかずを買うよりも
弁当のご飯をチャーハンに変えた方が安いんだよ。



ということの様です。

丁寧に細かい値段まであげて教えてくれた結果、
(実はこの値段部分もはっきりはわからず
 きっとこういうことだろうというあくまでもワタシの予測・・・)
なんとかワタクシ理解できました。

ありがとう兄さん。お得な情報を教えてくれていたのですね。

同じ日本語圏のはずなのに・・・
しかも家から徒歩5分ほどの弁当屋さんで
言葉が通じない感覚を味わいました。






お弁当ができるのを待っている間、
注文の時には見ていなかった
その親切な兄さんの顔を初めて拝ませていただきましたが、
眉毛が研ぎすまされており、
子供用の短い箸みたいになってました。

ちょっとそり跡が痛々しい感じ?
[PR]

by nonkitanpopo | 2008-01-21 23:38 | その日のこと  

<< ひさびさメシネタ 信じられへん・・・。 >>