<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

うぃ

ひげ親父兄弟が
障害物を乗り越え
相変わらずさらわれた
おばかな姫を助けにいってます。

セ〇ムでもやりゃいいのに。


1号と協力プレーのはずが

「押すなや!」

「あっちいっとけ!」

「なっ!ふむなや!」

ナドナド
見事な足の引っ張りあいで
ストレスMaxです。
[PR]

by nonkitanpopo | 2010-03-27 11:53 | 独り言  

どたばたのんき一家

実は3月の2日にワタシの父が他界しました。

2日の朝早くに電話があり、
通夜が7時からなので4時までには来るようにと母に言われました。

とりあえず、コドモ達は昼まで学校へ行かせ、
昼からは実家へ向かいました。

母もずっと父を一緒に病院で寝泊まりしていたので
家の中が片付いておらず、直接葬儀場へ運んだとの事でした。
一旦実家で着替えていた時のことです。

ざざっと服をだしてそれぞれに着替える指示を出したのですが
ふと見ると2号がポロシャツから頭が出ずにうんうんうなっています。

ボタンははずしましょう・・・

2号の服を着せ、振り向くと
1号が「コレでいいん?」と見つめてくれますが、

よくありません。
ベストが前後逆です・・・


あぁまったく・・・ベストを指摘しやれやれと思っていると
部屋の隅で旦那がネクタイを引きちぎらんばかりにきぃぃぃぃぃ!となっています。

「なにしてんの?」

「このネクタイっ! すべって結ばれへんっ! なんやねんっ! これっ!」


・・・・・・ちょっとかしてみなさい




父に教えてもらったネクタイの結び方・・・
高校のとき以来、活躍しましたよ・・・。




大好きな父のお通夜の日にも
相変わらずどたばたな娘の家族・・・。
父は笑って見ていてくれたでしょうか・・・。









以前にも記事にしていますが
膵臓の腫瘍を取る手術をしたあと、
回復はしていたのですが抗がん剤の作用なのかなんなのか
腸がうまく働くなくなり、栄養が取れない状況がつづきました。
最終的には肺などにも少し転移があったそうです。

去年の年末、ちょうど旅行の前に入院し、
最後の入院と知らされていました。
旅行をやめる事も考えましたが、
「コレばっかりはどうなるかわからんから気にせんといっといで。
 おみやげ買ってきてやって。」
と母に言われ、旅行中は何もない事を願って東京へ行かせてもらいました。

帰ってきた翌日にはそろって見舞いに行きました。
もう死を覚悟していた父からは
クスリでわからなくなる前に・・・と
ひとりづつ手を握ってお別れをしました。

それから約2ヶ月ほどは、毎週日曜日にはお見舞いへいきました。
話せなくても一緒に過ごす時間を持つ事ができ、
コドモ達も父との別れの準備をしていきました。

点滴もはずし、口に入るのは小さな氷のかけらだけ
という状態が1週間ほど続いたあと、眠るように逝ってしまいました。

幸いにも私たちには時間がありました。
父は「あまり弱っていく姿を1号や2号に見せたくない」
と言っていたのですが、
その事を話すとコドモ達は最後まで父に会いたいということでした。
母からそれを伝えてもらい、亡くなる2日前の日曜日まで
会う事ができました。

この2ヶ月はたくさん手を繋ぎました。
ワタシの小さかった時の話や
1号2号のこと、旦那の事、たくさんの話をしました。

ワタシは全く覚えていなかったのですが、
反抗的なワタシにとにかくムカついて一度ひっぱたいた事があるそうで

「あれはすまんかった・・・」

と言われました。
たくさん迷惑をかけたこと、心配もかけたこと、
今までの感謝の気持ち、思いつく限り父へ伝えました。

父にとっても私たちにとっても
とてもすばらしい時間を過ごす事ができたと思います。

コドモ達は
通夜・葬儀の間は泣いて泣いて大変でしたが
骨あげの時には

「次オレやぞっ!」

「次ワタシっ!」

と骨の取り合いをしていました。

最初は衝撃的だったようですが
もう誰だかわからなくなった姿に好奇心の方が勝ってしまったようです。


もう居ないというのはものすごくさみしいですが
コドモ達にとってはいい経験をさせてもらいました。

コドモ達は
居なくなったけども天国からずっと見てくれていると
今まで以上に父を身近に感じているようで
とてもいい別れ方ができたように思います。



父の夢は1号の運転でドライブへ行く事でした。
夢は叶わなくなってしまいました。
私たちももっと父と一緒にいたかったけれども
こればっかりはもう仕方のない事です。

これからは父をそばに感じながら
どたばた家族でいこうと思います。
[PR]

by nonkitanpopo | 2010-03-16 16:37 | ちょい前の話  

それは無理じゃないか

今しがた職場に向かう
送迎バスの中から見えた光景…


大学生らしき集団(10人ほど)が

駅と反対方向車線で
ヒッチハイク…


100メートルほど先の
反対車線に
駅へ向かうバスの停留所…


牽引のトラックとか
大型トラックばかりの道です。


彼らは何処から来て
何処へ行くのでしょう…。
[PR]

by nonkitanpopo | 2010-03-12 09:06 | 独り言  

1号のつぶやき

先ほど
ボデーソープの
コマーシャルを見た
1号がぼそっと…



「へぇ〜『味』も増えたんや…」



一般的には
香りだと思われます。

我が家の長男

もうすぐ5年生…。
[PR]

by nonkitanpopo | 2010-03-06 12:20 | 独り言