思い出したあの青空。

この前、初めて来られたお客様、chibaka_club様のところへとんでみました。
近々離婚をされるそうでこれから新しい1歩を踏み出そうとしておられました。
で、読んでて思い出したのが

ワタシが離婚をしたとき

のこと・・・。
真剣に悩んだりしている方には申し訳ないくらい
時間をかけずに離婚しました。

ま〜ず〜
専門学校を卒業間際に父方の祖母が具合が悪くなり
同居する事になりましたが、
どうしてもいやで、「さてどうする? ただの一人暮らしでは反対されるであろう」
と半ば強引に当時6年ほど付き合っていた人との結婚を決意。

でもって結婚。
当時デザイン会社につとめておりましたので
夜は遅いどころか徹夜は当たり前。
朝方帰って風呂だけ入ってまた出勤などなど・・・。

そんな状況で半年ほど過ごしてましたかね・・・。

で、次。
初めて迎えたお正月。
お休みだったワタシは大晦日からお鍋やらを準備して
当時の旦那が帰ってくるのを待ちましたが
いっこうに帰ってきません。
結局帰ってきたのは1月3日の朝方でした。
これはくやしかったんではっきり覚えとる。

あ、こりゃよそに女おるな。

別段なにか証拠があった訳でもないのですが
なんとなーくそう感じて
ものスゴークさめたのを覚えています。
それから相手の親も交えて話し合いもしました。

もうちょっとお互い努力してみよう

ということで結婚生活を継続。
努力ったって、今思えばナニを努力したのやら。

その後、3月頃だったでしょうか、今の旦那と会いました。
最初のうちはワタシは離婚を全く考えておらず、
まぁ、飲みに行ったりする『遊んでくれる年上の人』ができた程度にしか
思っておりませんでした。

しーかーしー
旦那と出会ったバーのマスターに

「お前、えぇかげんなことしようと思ってないか。」

と、一言。

「・・・・・ちゃんとします。」

ということで、すっぱり離婚。

ただこの離婚にはバーのマスターもちょっとびっくりしたそうです。

すっぽかされた正月から5ヶ月後、
5月1日に離婚届を提出。

最初書くのを渋っていた当時の旦那。

「とりあえずこことぉこことぉ・・・」

ペンも全く手にとらず、抵抗していた彼でしたが
ワタシの全身からでる

もう決めてんから!

なオーラに負けたようでした。

母が役所へついてきてくれたのですが、
中へ入ったのはワタシだけで、母は外で待っていました。

「・・・・・はい、いいですよ。」

と、記入漏れがないかどうかだけチェックをされ
ワタシの離婚が認められました。


役所を出た時の
あの空の青さったらっ!


ものすごく爽快な気分だったのは覚えています。
母もこの結婚はもたへんとふんでたらしく、
相手の事もあまり気に入っていなかったので

二人でハイタッチを決めてみました。

その後、しばらくしてワタシは家を出たのですが
引っ越しの日、いつもワタシの方が遅かったので朝、彼を見送った後、
しばらくすると引っ越し屋さんのトラックが到着、

「それはおいといてください。これは積んで・・・。」

と荷物をまとめてすたこらさっさ。
既に決めていたアパートへと引っ越したのです。

彼には引っ越しの日の事も何も言っておりませんでしたので
後日聞いたところによると

家に帰ると家電がすべてなくなって真っ暗な部屋で過ごした。

そうです。
そりゃそうでしょうよ。
電気のかさ、冷蔵庫に洗濯機、ガスコンロまで全部持って行ったもんね。
残しておいたのは彼のオーディオセットとテレビぐらいだったような・・・。
もちろんテレビ台も撤収です。

で、引っ越し屋さんが残したのか、
台所に卵が一つぽつんと残ってあったそうです。

「あの卵になんか意味あるんかと思って」

といわれましたが、

は? 何それ。知らんで。

と答えておきました。

こうやって読み返すとほんとひどいやつですよね。ワタシ・・・。
でも相手も「走り屋」で車にものすごい執着を見せており
彼自身も家に帰ってこない事がおおく、
生活費はすべてワタシもちでございましたのよ。
とんとんや・・・。とんとん・・・。


ほんとにアノ結婚は

ワタシ馬鹿でした。


結局、11ヶ月という短い結婚生活は終わり、
現在の旦那との同棲生活がスタートするのであります。



※まったくもってひどい話ですが苦情は受け付けません事よ。
 しばらくは泣きはらした眼で出社してたような気がします。
 両親も心配してとんできてくれたこともありました。
 でもなぜ泣いたのかはどうしても思い出せません。
 得な性格♡
 あと、大事な事一つ、
 離婚がきまり、受理されるまで
 今の旦那とはヤッとりません。
 なにより旦那が人妻なワタシと
 仲良くなりすぎるのをさけておりました。
 ここは誤解されぬよう・・・。

[PR]

by nonkitanpopo | 2007-10-19 23:38  

<< いーつーのーまーにぃぃぃぃぃぃぃ やっぱり母が好き。 >>